Case: Brand New Crispy Chicken Tenders

イギリスのバーガーキングが公開した、新発売するCrispy Chicken TendersのPR動画をご紹介。

「注目されるといいところを見せたい!」という人々の心理を逆手にとり、「まだ世に出ていない新メニュー(=Crispy Chicken Tenders)のことを、あたかもすでに食したかのように“絶賛”する人々の街頭インタビューの模様を映像化する」という企画です。

「今日はこちらの“まだ存在していないメニュー”が『大好きだ』という街の声を集めたいと思います!」と、レポーター風の男性。

ある男性は「あのサクサクの衣が、すごくいいよね」とコメント。

また別の男性は「よく食べてるよ。先週も食べた」と回答。
インタビューされて舞い上がっているのか、食べたこともないメニューを知ったかぶりで次々に絶賛していく人々。

「中身の真っ白なチキンが、またたまらないんだよな!」とテンション高く答えるメガネの男性。

ここでいよいよネタばらしです。

「変ですね。この商品、まだお店で売ってないんですけど。」
「…えっ?!?! どういう意味?? ちょっとよくわかんない」

「えっ これドッキリ!?」

存在しない商品を一生懸命絶賛していたことがバレて、照れ笑いする人々。

「試してもらいました!」
みんなが「大好きだ」というクリスピーチキン・テンダーを、あらためて実食してもらいます。

「うわーめっちゃサクサクだ。こりゃぁ新たなお気に入りだな」

「めっちゃうまい! なんだこれ!」

「みなさん、“ホントに大好き”になってくれました!」と、勝ち誇るようなテロップ!

「以上、新メニュー『クリスピーチキン・テンダー』のご紹介でした」と、味のあるコメントで締めくくり。

街頭でインタビューされたらついやってしまいそうなことを笑いにしつつ、「みんなは『どんなチキンがおいしいと思っているか』」が垣間見えたり、ネタばらし後の実食タイムで誰もが「(想像以上に)おいしい!」と驚く様子を印象づけています。

CMを見ただけで新メニューに親近感を抱いてしまいそうなPR動画でした。