GLITCH – HARD WORK TASTES SO GOOD

アディダスがイギリス・ロンドンで展開した新製品販売イベント「adidas Shut Down a Chicken Shop」をご紹介。

ロンドン市内のフライドチキン店をジャックし、賑やかなファーストフード店そのままの雰囲気で新製品のシューズ「GLITCH」を販売する光景が大きな話題を集めました。

(Image by adidas)

街角のフライドチキン店が、1日限りのadidasショップに。adidasのキャッチコピーをファーストフード店風にアレンジした「HARD WORKS TASTES SO GOOD (たくさん動くの、超オイシイ!)」の文字が光ります。

「できたての新製品、お待ちどう!」
エプロンをつけ、カウンター越しに大きな紙袋を手渡す光景はファーストフード店の活気そのもの。

(Image by adidas)

チキンバスケットを模した“テイクアウト”パッケージに…

(Image by adidas)

キンキンに冷えた“シューズバー”まで。
腹ペコで駆け込んだファーストフード店で感じる高揚感とカタルシスを、adidasのデザインでストレートに表現します。

(Image by adidas)

新製品を手にした人々は、そのまま店内奥のヒップホップパーティーへ。

(Image by adidas)

“HARD WORKS TASTES SO GOOD”のキャッチコピーそのままに、止まらないアンセムに身を任せる参加者たち。

(Image by adidas)

「渇きを叶える」ファーストフード店のトンマナを最大限に活かし、adidasブランドの持つ訴求力を力強く印象づけるキャンペーンでした。

(via adidas GLITCH)