Case: 0-100 km/h challenge

フォルクスワーゲンがデンマークで公開した、スポーツコンパクトモデル「GTIシリーズ」のWeb動画をご紹介。

“スムーズな加速性能”を伝えるため、スピード勝負の世界に生きるF1ドライバーたちに「いかにゆっくり加速できるかを競わせる」という、コロンブスの卵的な発想が注目を集めているPR動画です。

レーシングコースに集まった3人のF1ドライバーたち。

「まずは普通に速く走ってみよう」と、いつも通りのレース仕様で加速を体験します。

「ロケットみたいな加速だな!」と性能にご満悦のようす。

場面がかわって、アシスタントからなにやら紙を渡される3人。

「時速100kmまで、いかにゆっくり加速できるかを競っていただきます。途中で減速したり、速度をキープすることはできません」

「マジか。キツいな」思わず苦笑するドライバー。

スピードの動きは精密に記録されており、いっさいズルが効かないという徹底ぶりです。

いつも以上に緊張した表情を隠せないドライバーたち。

「ゆっくり加速レース」 スタート。

ゆっくり、ゆっくり加速しようとしていきますが……

「おいおい!ずいぶん早いな!!」 レーシングドライバーの性(さが)はどうしても隠しきれません。

「ああ、もう時速100kmだ……」

時速100kmに達した時点で「ゲームセット」。
よりゆっくり加速しているドライバーが「お先にー!」と追い抜いていきます。

「いかにゆっくり時速100kmまで加速できるか」というレース。
もっともゆっくり加速できた最長記録は、2分57秒05でした。

「加速のスムーズなGTIでゆっくり加速するのは本当に難しかったよ……」苦笑いするドライバーの表情で締めくくり。

自動車の運転技術はトップクラスのF1ドライバーたちをしても、GTIの加速の速さを抑えることはできない──
あえて逆説的なアプローチをとることで、性能の素晴らしさを効果的に表現しています。