Case: East and West Side Story

フィンランドのフラッグ・キャリアであるフィンエアーは、同国最大の空港であるヘルシンキ空港との35年間のパートナーシップを祝うためのショートフィルムをインターネットに公開しました。

尺13分超と比較的長尺の本映像は、「East and West Side Story」というタイトルの通り、東洋・韓国と西洋・アメリカから1人ずつ主役が起用されています。また英語・韓国語・ドイツ語・フィンランド語、そして日本語と5ヶ国語分の字幕版が用意されています(日本語バージョンでは「ショートバージョン」というタイトルがついていますが、他の言語と同じ長さのため「ショートフィルム」の誤訳と考えられます)。

ストーリーは、韓国人フォトグラファー・ジョニーのもとに「仕事だ」という電話が入るところから始まります。S.P.ノバクという、謎に包まれたアメリカ人SF作家の“ポートレート写真をニューヨークで撮影してほしい”という依頼です。

一方、S.P.ノバクはポートレート写真で正体を明かすことに躊躇。ニューヨークから、祖父の故郷だというフィンランドへ逃避行してしまったのです。

森の中の小屋にこもり、親や友人の電話も取らず、フィンランドの自然に身を委ねるS.P.ノバク。

ジョニーのもとにはニューヨークではなく、フィンランドに行って撮影をという依頼が。しかしこれはエージェントが勝手に決めたもので、S.P.ノバクは驚き、「できません」との張り紙を残し、フィンランドの居場所に飛んできたジョニーの撮影を断ります。

ジョニーがS.P.ノバクが中に隠れる小屋の窓を覗くと、一つのスーツケースが残されており、そこにいるらしいことだけは確認できたよう…。

ジョニーは帰路へ。ポートレート撮影はできなかったものの、帰りのヘルシンキ空港で人々の様子を撮影して楽しみます。

そんな中、ふと座ったベンチの隣にはなんとS.P.ノバクが。

しかしジョニーは本人の姿を見ていないため、知る由はありません。S.P.ノバクの小説がお気に入りな点、写真撮影をキャンセルされた点などを話します。S.P.ノバクも知らぬふりをして会話を続けます。

そんな中、その場を立ち去ったスーツケースの柄を見てジョニーは驚きます。フィンランドの森の中での小屋を覗いた時のものと一緒だと…

帰りの機内でカメラを確認したジョニー。空港の人々を撮影した中に偶然S.P.ノバクが写り込んでいたことに気づきました。

しかし、本人の声に触れたジョニーはカメラからその写真を消そうとしている…
ストーリーはここで終了となります。

フィンランドの自然や空港などの光景も効果的に織り込まれた今作。2人の主人公のミステリアスな出会いを描くことを通じて、ヘルシンキ空港とフィンエアーが、West Side(アメリカ方面)、East Side(アジア方面)双方向から、大勢の人を運んできたことを表現しているようです。

(via East and West Side Story)