Case: baby Harland

アメリカのKFCが、9月9日に生まれる赤ちゃんに『ハーランド』という名前を付けた人に1万1千ドル(約120万円)を贈呈すると発表し、話題を呼んでいます。

9月9日は、同社の創業者であるカーネル・サンダースの誕生日。彼の本名はハーランド・デーヴィッド・サンダースといいますが、この日にちなみ、我が子にハーランドという名前を付けてみませんか、と呼びかけたのです。

日本と同じくアメリカでも赤ちゃんの名前には流行があり、『ハーランド』のように古風な名前は今の親世代には人気がありません。しかしKFCにとってはブランドのアイデンティティともいえる大切なこの名前を、もう一度復活させようという試みのようです。同社SNSアカウントで趣旨を説明した動画が投稿されています。

カーネル・サンダースは決して若くして成功したわけではなく、様々な仕事を転々としていたそう。そして65歳の時に、チキンのレシピの対価として、売れたチキン1羽につき5セントを受け取るというフランチャイズビジネスを始めました。その後の成功は言うまでもありませんね。

KFCによると、今回のイベントはカーネル・サンダースの誕生日を祝うとともに、次の世代にもアメリカン・ドリームを夢見てほしいという願いが込められているそうです。

(via KFC)