Case: Theater in a car

自動車保険などを取り扱う英保険会社・MORE THANが、プロモーションの一環として“自動車の中で演劇する”というイベントを行いました。

街中にある劇場の横に駐車された車の中で1日3回公演、1回6人限定というこの演劇。役者は運転席と助手席をステージとして、鑑賞者(乗客)は後部座席に座り、「Papa Don’t Preach(パパ、説教しないで)というタイトルの演劇を20分間、車内という没入感のある空間で鑑賞することができるという企画です。

演劇の内容は、実家を出ようとしている娘とそれに対する父とのやりとりで、車の中での会話がテーマになっています。

MORE THANによる1,000組の両親へのリサーチの結果、“45%が家族の会話に車を最も重要な場所の1つとして捉えている”、“51%が親密な車内での会話が家族の精神的健康に有益である”という結果が出たことが、この企画のバックボーンになったとのこと。

“車の中での会話”というシーンを演劇として、かつリアリティのあるシチュエーションで再現して切り取ることで、家族への意識を高めてもらい、そして保険への加入を促すことを目的とした一風変わったプロモーションでした。

(via MORE THAN)