Case: Lives of Grace

南アフリカの金融機関・Sanlamは、生命保険商品のプロモーションとして、メッセンジャーアプリ「Facebookメッセンジャー」と「WhatsApp」を使ったインタラクティブなドラマコンテンツを公開しました。

視聴する一般ユーザーは、ドラマで登場する主人公の女性・Graceの“人生における重要な選択”をメッセンジャーアプリを通してサポートするという仕組み。

全5話・いずれのエピソードも、1~2分程度のボイスメッセージによりGraceの状況が語られ、それを元にユーザーはアドバイスを送る仕様です。

例えば若い頃のGraceが「私はどこ行きのバスに乗ればいいかしら?」と聞けば、視聴しているユーザーは「ヨハネスブルグ」と答えるといった具合です。この回答内容によってドラマのストーリー展開が変わっていくのです。

次のエピソードへ進むと、Graceの人生は「Graceはあなたのアドバイスに従って、ヨハネスブルグに来ました。彼女の人生は果たして良くなったのでしょうか?悪くなったのでしょうか?」というように、先の未来へと展開していきます。

物語はGraceが亡くなるエピソード5で完結。

様々な選択肢に対応するため、ボイスメッセージは60分以上の素材を録音。エンディングは16種類用意しており、最終的にどんな結末になったとしても保険など“お金の面での人生の準備が重要である”と認識できるようになっています。

ドラマコンテンツといっても、今回使用されたのは文章と画像と音声。比較的大きな予算をかけずにユーザーとの双方向のコミュニケーションを実現させたクリエイティブでした。