Case: McGold Card

マクドナルドがアメリカなど一部の国の計35,000店舗で、「マックゴールドカード」と呼ばれる特別にお得なカードが入手できるキャンペーンを発表しました。

8月10日~24日までマクドナルドのモバイルアプリから商品を注文した消費者の中から抽選でゲットするチャンスが与えられるこのカード。当選者には、50年間にわたり、毎週2種類のメニューが無料でもらえ、さらにモバイルアプリに$1,000ドルのクレジットを付与、「マックゴールドカード」仕様のスマホケースもプレゼントされます。

「マックゴールドカード」は、ビル・ゲイツなどのセレブリティに対して、“無料でメニューを提供するために贈呈されている”と、まことしやかに語られていた噂をパロディしたものだといいます。

それゆえプロモーション動画では、世界的な“噂”の代表格であるUMA(未確認動物)を登場させたり、マクドナルドの歴史学者が現れて、“伝説のカードがリアルの世界に遂に登場した!?”というイメージを訴えています。

世の中で語られている“ブランドに対する噂(ウソ)”に着想を得て、キャンペーンのコンテンツに仕立てたマクドナルドのプロモーションでした。