Case: Based On a True Story

難民の子供を支援するイスラエルのNGO・Elifeltによる、Instagramのストーリーアンケート機能を活用したドネーション施策をご紹介。

大都市テルアビブには数千人ものアフリカ難民の子供がおり、彼らのリアルな日常を知ってもらうべく展開された啓発キャンペーンです。

例えばInstagramストーリーで、「難民の子供達が入園している幼稚園には、何人の子供がいるでしょうか?」とアンケート機能を使ってユーザーに質問を投げかけ、様々な回答を募ったのちに、「おおよそ50-90人」と答えを発表します。

「子供たちは両親に1日何時間会える?」という質問には、正解は「3時間」。「施設では何を食べている?」という質問には、「ミルクなしのシリアル」…といったように、クイズ形式で難民の子供達の日常を少しずつ知っていってもらいます。

このストーリーを投稿した結果、わずか48時間で寄付金は通常比で数千%も増加したといいます。

子供たちの“ストーリー”を良い方向に変えていくために、Instagram“ストーリー”を活用するというコンセプトで実施されたユニークなドネーション施策でした。