Case: Medalivery

世界的な輸送物流会社のDHLが、配達の迅速性を訴求するためにパラグアイで一風変わったプロモーションを行いました。

その名も“Medalivery”(メダルとデリバリーの造語)。

同社は、国内でトップクラスのマラソンランナーであるカルロス・ゴンザレス氏をスカウト。彼にDHLの制服風ユニフォームで、首都・アスンシオンで開催されるマラソン大会に出場してもらいます。

彼は堂々1位でフィニッシュ。誰よりも早くゴールテープを切りました。

このあとゴールに到達したランナー1人1人に、ゴンザレス氏から“DHLオリジナル”のメダルを首にかけていきます。

このDHLのメダルで、各ランナーにブランドイメージを印象づけます。さらに表彰台にランナーが揃った時も、そのメダルが各ランナーにかけられているという画作りにも成功しました。