Case: Bloody Puddles

ロシア・サンクトペテルブルクの中心部に、まるで血のように赤い水たまりが突如現れました。

人々が大勢行き交う通りにもこの水たまりが…

この血液を想起させる色の水たまりはロシアのNPO・Fonddonorovが実施した啓発プロモーションの一環。水たまりのそばに“滴を模した赤色のステッカー”で、「この水の量が、誰かの命を救える血の量です」などといったメッセージが記載されています。

本企画はサンクトペテルブルクで過ごす人々が夏に休暇でこの街を離れてしまうため、一時的に血液の量が不足してしまうという点を表現しているといいます。待ちゆく市民の意表を突くアンビエント広告でした。