Case: If you want a laptop you can count on. You Chromebook.

Googleが発売するノートパソコン・Chromebook。データをクラウド上に保存し、ウェブブラウザ上で動作するアプリケーションを使用するという点で、これまでのPCとは大きく異なっており、WEBブラウジングに特化したシンプルさゆえに、快適性・安定性は抜群で、電源ボタンを押してから数秒で起動することができます。

またウィルス対策機能を標準で装備しており、自分で購入する必要もなし。ソフトは自動でアップデートも行われるため、常にセキュリティは最新の状態に。

そんな快適な使い心地を、他のオペレーティングシステムを引き合いに出してアピールしたのがこちらの動画です。

WindowsやMacOSは、事あるごとに更新通知やセキュリティのアップデートなどが次々と画面に表示され、イラッとすることもしばしば。

一方Chromebookは、写真の加工や表グラフの作成はもちろんのこと、Netflixで映画を観たりオンラインゲームをしても動作は良好。

両者を比較すれば、どちらがユーザーにとって使い心地が良いかは、一目瞭然!というわけですね。

映像では実際に『Windows』と『Mac』を名指しているわけではありませんが、PCの処理中に出てくる『砂時計』のアイコンやダイアログボックスのデザインから、その意図は明白。

YouTubeで視聴したユーザーからは、一部「このCM、MacOSで編集してるんじゃないの」といった辛口コメントもあったものの、「会心の一撃」「こういうのを広告っていうんだね」など、切れ味鋭いプロモーション動画に称賛の声が寄せられています。