直近でリリースされたもの・話題になったもの等、日本国内のクリエイティブ・キャンペーン事例をAdGang目線で独自にピックアップしてご紹介する「Pick of the week」。

今回は、ヤッホーブルーイング、バーチャル高校野球、森永製菓、小学館、ワコールの5つの事例をご紹介。

1:飲み会の平和化を目指す「チーム“ビール”ディング」(ヤッホーブルーイング)

チーム“ビール”ディング

ヤッホーブルーイングは、8月3日(金)の「世界ビールデー」から、飲み会を通じたチームづくりの新プロジェクト「チーム“ビール”ディング by よなよなエール」を開始。 本プロジェクトでは、クラフトビールならではの自由な飲み会を通じて、会社関係の飲み会の課題を、まじめに、楽しく解決すべく、2つのプロダクト(先輩風をAI解析で見える化した「先輩風壱号」、コースター型トークゲーム「無礼講ースター」)を、専門家監修の下で独自開発。プロダクトムービーを8月3日(金)より特設サイトおよびYouTubeで公開。

プロダクトのうちの1つである「先輩風壱号」は、世界初・“先輩風”をAI解析で見える化し、風が吹く状況をユーモラスに啓発するマシン。飲み会でわずらわしく思われがちな“先輩風”を、AI解析(ディープラーニング)による先端のテクノロジーで 世界で初めて見える化。先輩風が吹いたことをきっかけに、フラットで楽しい会話が楽しめるようになることを目指している。

2:歌う女子高生が見つめる先にある「100回目の夏の甲子園」(バーチャル高校野球)

朝日新聞社は、朝日放送テレビと共同で、運動通信社が運営するスポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」内で展開する「バーチャル高校野球」の新TVCM「栄冠よ」篇の配信を、バーチャル高校野球内で開始。本CMでは、阪神甲子園球場の応援席でひとり、女子生徒が大会歌「栄冠は君に輝く」を歌う様子を通じて、「バーチャル高校野球」の魅力を訴求。第100回全国高校野球選手権記念大会を、8月5日(日)の開幕の直前から盛り上げる。

3:「食後感想文」ツイートで懐かしの給食の味を再現 “給食ハイチュウ”(森永製菓)

ハイ中

森永製菓は、8月12日(日)の「ハイチュウの日」を前に、ソフトキャンディ「ハイチュウ」の『#ハイチュウ食後感想文』ツイートキャンペーンを開始。本キャンペーンでは、8月1日(水)~8月31日(金)まで、ハイチュウを食べた感想「ハイチュウ食後感想文」をツイッターで募集。投稿作品の中から100名に、給食の定番ともいえる、カレー、揚げパン、牛乳、冷凍みかんを完全再現した『給食ハイチュウ』(各味二粒ずつ入ったセット)をプレゼントする。

なお、キャンペーン開始と同時に8月1日(水)より「ハイチュウ」のイメージキャラクター・関ジャニ∞がリアルなフィギュアになって出演しているWeb限定動画『ハイ中学校/夏休みの宿題篇』『ハイ中学校/給食の時間篇』『ハイ中学校/SNS用告知篇』も公開。本動画では、夏休みの宿題「ハイチュウ食後感想文」を発表する生徒役の渋谷さん、丸山さん、安田さんと先生役の大倉さんの絶妙な掛け合いが見どころだ。

4:ゆりやんレトリィバァが、人気漫画の表紙で迫真のコスプレ(小学館)

小学館の青年漫画誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」・「月刊!スピリッツ」では、大ヒット映画やドラマの原作漫画を描いた人気漫画家の新作を多数連載中。その中で、女性支持の高い漫画家、いくえみ綾さん(代表作:『あなたのことはそれほど』)、ジョージ朝倉さん(代表作:『溺れるナイフ』)、東村アキコさん(代表作:『東京タラレバ娘』)の最新作にスポットを当て、フェア「男子だけじゃもったいないスピリッツの女子コミックス。」を開催。イメージキャラクターに、人気女芸人・ゆりやんレトリィバァさんを起用。

今回ゆりやんさんは、3作品のコミックス表紙のコスプレを披露し、ヒゲのバーテンダーや、男子バレエダンサー、女武将の主人公になりきっている。また、8月6日(月)より新宿でゆりやん表紙の試し読み小冊子がもらえる企画や、8月9日(木)の新刊発売タイミングで、対象書店にてゆりやんしおりがもらえるフェアなども展開。

5:ここちよい眠りへと誘う『入眠クラシック』で女性の眠りをサポート(ワコール)

ワコールは、女性の眠りをサポートする「入眠×乳眠」プロジェクトの一環として、日本音響研究所監修のもと、入眠への誘導効果を高めた『入眠クラシック』を開発。公式YouTubeチャンネルにて公開。「入眠×乳眠」プロジェクトでは、入浴や歯磨きなどスムーズな寝つきのための習慣行動「入眠儀式」の中に、質のよいパジャマや夜寝るとき用のブラジャーの着用を取り入れることなど“睡眠の新常識”を提案。そこで今回は、“着る”眠りのサポートだけでなく、“聴く”眠りのサポートを展開。

『入眠クラシック』は、活動状態の脳波(β波)からリラックス状態を表す脳波(α波)、そして睡眠状態の脳波(Θ波)へとスムーズ誘導するようにアレンジされたクラシック音楽。ベートーヴェン「運命」やプッチーニ「誰も寝てはならぬ」等、一見眠れなさそう…?!なタイトルのクラシックの名曲を、音の分析を通じて入眠に最適な音楽にアレンジしている。


AdGangでは国内事例の情報提供募集中です。
情報提供はこちらのフォームよりお寄せください。

※ご提供頂いた情報は掲載を保証するものではありません。ご了承ください。