直近でリリースされたもの・話題になったもの等、日本国内のクリエイティブ・キャンペーン事例をAdGang目線で独自にピックアップしてご紹介する「Pick of the week」。

今回は、集英社、三井不動産、スカパー!、リブセンス、パルコの5つの事例をご紹介。

1:「BLEACH」全74巻の1,700シーン6,000コマから自分だけの映像を作れるジェネレーター(集英社)

BLEACH ENDLESS MEMORIES

集英社は、週刊少年ジャンプの人気マンガ「BLEACH」の画像を使ったムービーをスマホで作れるWebサイト「BLEACH ENDLESS MEMORIES」を7月23日(月)~9月30日(日)までの期間限定で公開。本サイトは、「BLEACH」の名シーンのコマをつないでムービーを作るジェネレーター。映像に使用できるコマは「BLEACH」全74巻から1700シーン6000コマ以上がラインナップされている。

手順は、映像につけたい音楽を3曲(ロック調、バラード調、シンプルビート)から選び、好きなシーンをセレクトするだけ。スマホから簡単に、自分だけの「BLEACH」のムービーを完成させることができる上に、SNSでシェアすることも可能だ。なお、本期間では、都営大江戸線六本木駅のホームビジョンでも作成されたムービーが随時配信される。

2:個人の色を活かして働けるオフィスを、様々な特性を持つ動物たちで擬人化(三井不動産)

三井不動産は、同社のオフィスビル事業『三井のオフィス』「COLORFUL WORK PROJECT」の広告を、7月7日(土)からテレビCM、新聞広告、雑誌広告、屋外広告、デジタルなどで展開。また、オフィスビル事業の主力商品である「ワークスタイリング」の広告も7月14日(土)から展開。 

『三井のオフィス』では、昨今、働き方改革が注目される中、自分のライフスタイルに合わせて自由に柔軟に働き方を選択できるオフィスを目指し、新しい試みを始動。例えば、全国31拠点の法人向け多拠点型シェアオフィス「ワークスタイリング」では、出先からオフィスに戻らず仕事をしたい人や、自宅近くで仕事をしたい人、出張先で仕事をしたい人など、時間や場所に縛られない多様な働き方に対応する自由なオフィスを提供している。

そこで、本TVCM及び広告では、「カラフル」という言葉で、多様な働き方を応援するための場・サービスを提供する姿勢を表現。さらに、多様な働き方、働く人々を様々な特性を持つ動物で擬人化。集団行動するミーアキャットによってチームで働く人々、親子のイメージのあるカンガルーで子供をお迎えに行くシーンなどに注目だ。

3:「日本のOJISAN(オジサン)は誤解されている」Web動画(スカパー!)

日本のOJISAN(オジサン)は誤解されている

スカパーJSATが運営するスカパー!は、「OJ(オジサン)」に対する若者の意識調査結果をまとめたWeb動画「日本のOJISAN(オジサン)は誤解されている」を、7月23日(月)に公開。

働き盛りの年代で、企業でも中心的存在としてバリバリ働いているイメージもあるOJだが、本調査では、「小言が多い」、「外見に無頓着」、「デリカシーがない」、「ギャグがつまらなそう」、「絡んできてうざそう」といったイメージを若者から持たれており、あまり良い印象がないという結果が明らかになった。一方、本動画では、俳優の鈴木浩介さんが、「若者とOJの間にある認識の違い」について、調査結果をもとにしたプレゼンテーションで紹介することで、若者のイメージとは対照的に、日々を楽しく・充実して過ごすOJの実態に迫っている。

また特設サイトでは、動画内で投影されている「OJスライド」のダウンロードが可能。打ち合わせ前のアイスブレイクや、飲み会のネタとして活用してもらうことを目指している。

4:バイト後すぐに1万円もらえる!嘘みたいなユニーク神バイト企画(リブセンス)

神マッハバイト

リブセンスが運営するアルバイト求人サイト「マッハバイト」は、7月2日(月)からユニークなアルバイトでお祝い金1万円がもらえる企画「神マッハバイト」を開始。マッハバイトは、“アルバイトがすぐに決まる”、“お祝い金がすぐにもらえるなど、「すぐ」をサービスコンセプトに昨年より名称変更。オペレーション改善により、最短でマッハボーナスの採用翌日支給を実現し、求職者に最低5千円〜最大1万円を贈呈している。

そこで、本企画では、マッハバイトの特徴である『マッハボーナス』をより多くの方に体感してもらう機会として、多岐にわたるユニークなバイトを用意。「ペットボトルのラベルをはがす軽作業バイト」など、最短一秒間働くだけで1万円のマッハボーナスがもらえる特別企画となっている。まずは10種類のバイトで募集がスタートし、順次拡充されていく。

5:海外で初開催「名探偵コナンカフェ」 タイでの人気を背景に実現(パルコ)

パルコシンガポール社は、タイ・バンコクにて「名探偵コナンカフェ イン バンコク(現地表記:Detective Conan Cafe in Bangkok)」を、8月2日(木)、タイ・バンコクの商業施設「Siam Center」(サイアムセンター)内のカフェ「Bake A Wish」(ベイク ア ウィッシュ)にて、期間限定オープン。本格的な「名探偵コナンカフェ」は海外で初開催。

本企画は、「名探偵コナン」のタイでの非常に高い人気を背景に実現に至った。パルコがカフェの企画プロデュースをし、現地の人気カフェ&ケーキショップ「Bake A Wish」を運営主体として展開。カフェメニューとして、メイン4種類・デザート3種類・ドリンク4種類などを用意。期間中は同店の支店13店舗でも「名探偵コナンスペシャルケーキ」等のテイクアウトケーキを販売。

AdGangでは国内事例の情報提供募集中です。
情報提供はこちらのフォームよりお寄せください。

※ご提供頂いた情報は掲載を保証するものではありません。ご了承ください。