Case: Experience the midnight sun

夏季には日照時間が1日のほとんどを占め、太陽が沈まない白夜になることで知られるカナダ北西部のユーコン準州。この太陽の様子をライブストリーミングする屋外広告を、ユーコン観光局がバンクーバーに掲示しました。

(Image by Tourism Yukon)

バンクーバーで午後11時から午前1時までユーコン準州の空の様子をライブで撮影し、リアルタイムで屋外広告に反映。日がすっかり落ちたバンクーバーの街中でも、飛行機で2.5時間、緯度がほぼ同じユーコン準州では、太陽が鮮やかに光り輝いている様子を実感してもらうという取組みです。

(Image by Tourism Yukon)

このライブ映像広告は2週間のキャンペーン期間中、バンクーバーにある約2,000のデジタルサイネージに掲出されました。

バンクーバーからの観光需要喚起を狙ったこの広告。担当するクリエイティブディレクターは、深夜の太陽を撮り続けて中継するカメラマンのリクルートに苦慮したといいます。

真っ暗な大都会の中、大自然のダイナミックさをありのままに伝えるライブ配信という手法を通じて、市民に“次のバカンス”への思いを馳せさせる観光プロモーションでした。