Case: Silent Prime Time

リプトンがトルコで実施した、“人々の会話を促す”ための一風変わったCMをご紹介。

背景に90%もの人々が“昔と比べて人と接する機会が減っていると感じている”という点がありました。

LIPTON #Timetotalk CASE VIDEO from Medina Turgul DDB on Vimeo.

内容は、ダイニングで家族が談笑する様子をバックに、ポットでお茶を沸かす映像が流され続けるというもの。ポイントは5分間ほぼ無音で、わずかな音量でポットでお茶を沸かす音だけが聞こえてくるというものです。

本CMは同時に17ものチャンネルで展開されました。

家族や友人たちと集まってテレビを見ているときにこのCMが流れたら、「何が起こったの?」とCM自体が“会話のきっかけ”になるというわけです。

このCMはSNSで話題になり、放映から11分間でトレンドトピックに浮上。60,540のツイートがなされ、1,310万リーチ、3億800万インプレッションに。各種メディアでも数多く報道されました。

結果、ブランド・エクイティのスコアは5ポイント上昇、消費者のイメージ調査で“No.1ティーブランド”にもなったといいます。ブランドイメージの向上に寄与した、大胆なテレビCMでした。