Case: Long Live the Local

イギリスには街のあちらこちらにパブがあり、お酒を飲むだけでなく、食事やティータイムの時間を含め人々の社交の場として生活に根付いています。

人々にとって身近な存在であるパブですが、オーナーの多くは高いビール税による経営難に苦しんでいるそう。英国のビール税はEUに比べておよそ3倍、ドイツの12倍もあり、毎日3件ものパブが閉店に追い込まれているといいます。

そんな状況を受けて、全英のビール醸造所やパブのオーナーらがメンバーとなり発足した団体・Britain’s Beer Allianceは、パブを守るため税の引き下げを求めるキャンペーンを立ち上げました。

同団体はCMやポスターをはじめ、コースター、ビールグラスなどのグッズを制作。全国のパブが直面する窮状と減税について多くの人の力が必要だと多角的なアプローチで訴えかけました。

Britain’s Beer Allianceは、本キャンペーンに加えオンライン署名運動を立ち上げて、ビール税の引き下げをイギリス政府に訴えかけていくということです。