Case: Fries for the Road

みんな大好き、マクドナルドのフライドポテト。特にあの食欲を刺激する美味しそうな匂いはたまりませんよね。

永遠の人気メニューであるポテトですが、時にその美味しさがトラブルの元になるケースがあります。

それは、ドライブスルーでテイクアウトしたポテトのつまみ食い。いけないとは分かっているのに、車内に漂うあの香り。ついつい手が伸びてしまい…その結果、家で楽しみに待っている家族や恋人の怒りをかってしまうことに。

そんなあるある(?)を受けてアルゼンチンのマクドナルドが考案したのが、テイクアウト用紙袋の外側につけたポケット。ここに無料のポテトを入れてお客さんに渡せば、お土産に買ったポテトに手を付けることもなくなるというわけです。

特製バッグに入った無料のポテトをもらうには、マクドナルドのアプリからダウンロードしたクーポンを提示すればオーケー。

この取り組みは2,000万人にリーチしたほか、3,100万件のインプレッションを獲得するなど、大きな反響を呼びました。さらに全体の売り上げが20%も増加したことからも、どれだけの人がこの“ポテトつまみ食い問題”を抱えていたかが分かりますね。

みんながハッピーになれる、茶目っ気溢れるアイディア施策でした。

TBWA\Buenos Aires Fries For The Road from TBWA Worldwide on Vimeo.