Case: The Not-So-Beautiful Game

いよいよ8強が出そろい、佳境を迎えたFIFAワールドカップロシア大会。各国が熱戦を繰り広げる中、イギリスの慈善団体・Welcome to National Centre for Domestic Violence(NCDV)がW杯に合わせたキャンペーンを打ち出しました。

ドメスティックバイオレンス被害に苦しむ女性や子供を支援・サポートするNCDVによると、イングランド代表チームの試合がある日には、DVの割合が26%増える、さらに代表チームが敗戦した日にはその割合が38%に上がるというショッキングな統計が出ているそう。

そんなW杯にまつわるDVの事実について周知するため、同団体が実施した広告がこちらです。

(Image by NCDV)

色白の女性が、(恐らくパートナーからの暴力が原因で)鼻血を出しているクリエイティブ。白地に赤い十字が描かれたイングランドの国旗をイメージしたものとなっています。

同じくスイスと日本の国旗。どちらも顔や体に痛々しい暴力の跡が残っています。

(Image by NCDV)

世界が熱狂する華々しい舞台の裏で、心身の暴力におびえる人がたくさんいるのだという事実を示したこれらのクリエイティブは、ワールドカップ期間中を通じてNCDVのSNSアカウントのほか、屋外広告や新聞などにも掲載されています。

(Image by NCDV)

(via NCDV)