Case: Coca Cola FIFA World Cup AR in Zurich

コカ・コーラがスイスで実施した2018FIFAワールドカップに絡めたプロモーションをご紹介。

サッカー・スイス代表への応援の機運を高めるべく、コカ・コーラはスイス・チューリッヒの駅に特設ブースをW杯開幕前に設置。人通りの多い場所でのブース設置は一般的な施策と言えますが、今回一味違うのが、スイス代表のエース ジェルダン・シャキリ選手と“共演”できるという企画です。

Coca Cola FIFA World Cup AR in Zurich from Grand Visual on Vimeo.

ブースに設営されたスクリーンでは、シャキリ選手が手招きをしながら参加者を誘う様子が映し出されています。

そして市民がスクリーンの前に立つと…

ARのサッカーボールを使ってスクリーンの中にいるシャキリ選手と、リフティングで“共演”できるという仕掛けです。参加者はスクリーンを見ながら擬似的にボールを操り、シャキリ選手とのリフティングを楽しむことができます。

周辺ではその様子を楽しむ人だかりができており、道ゆく人からの注目度も抜群だったようです。

参加者がリフティングを終えると、ARのシャキリ選手と一緒に“記念撮影”ができ、ワールドカップ公式球プレゼントへの応募権がもらえるという座組みでした。ワールドカップでの応援の機運を盛り上げる、コカ・コーラによる屋外ARプロモーションでした。