Case: Trump Baby

ここ数日大きな話題となっている、米トランプ政権による不法移民摘発政策。メキシコとの国境地帯で逮捕・起訴した家族連れの不法移民に対し、乳幼児を含めた子供を親から引き離して施設に収容するという措置が非人道的だとして、世間の非難を浴びました。(現在は家族を一緒に収容する方針へと転換)

イギリスの活動家・Leo Murrayさんは「トランプは虚弱なエゴを抱える、怒りっぽい赤ん坊」とし、さらに「女性やマイノリティーを差別し、世界平和ひいては地球の未来を脅かす危険な存在だ」と痛烈に批判。来月13日に予定されている、トランプ大統領の訪英に反発するキャンペーンを立ち上げました。

Murrayさんが現在制作しているのが、『Trump Baby』と名付けた6mの巨大な風船。赤ちゃんになったトランプ氏が、表情や特徴的な髪型はそのままに、オムツをつけているという、なんとも滑稽な風貌となっています。

(via Crowdfunder)(via Crowdfunder)

大統領の英国滞在中にこの風船を国会議事堂の上空に飛ばし、多くのイギリス国民はトランプ氏を嘲笑しているとアピールする狙いです。

(via Crowdfunder)(via Crowdfunder)

風船やヘリウムガスの費用をまかなうため、Murrayさんはクラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げ、支援を募ったところ、5,000ポンドの目標額に対して10,450ポンドも集まったそう。

現在はロンドン当局から風船を飛ばす許可が降りるのを待っている状況だそうですが、万が一国会議事堂の上空がNGだった場合は、別の場所でトライすることを検討しているということです。

(via Crowdfunder|Trump Baby)