Case: The Pre-Roll Football Match

ベルギーのスポーツチャンネル・Play Sportsが実施した、きわめて斬新なYouTubeのプレロール広告事例をご紹介。

Play Sportsは、サッカー スーパーカップ(シーズン開幕前のカップ戦)をリアルタイムで中継できるシステムを整備。YouTubeの視聴者がプレロール広告を再生した時に、“同時刻に開催されているサッカーの試合の状況”を生配信する仕組みを整えました。

通常YouTubeのユーザーにとっては「早くお目当ての動画を見たい」と敬遠されがちなYouTubeのプレロール広告ですが、今回の取り組みでは、プレロール広告の時間を“現在開催されているサッカーの試合をリアルタイムで楽しんでもらえる時間”へと昇華することに成功しました。

このプレロール広告は、試合中に145,484人が視聴。
しかし、当然のことながらプレロール広告の時間内では90分間の試合のうちほんのわずかしか観られません。結果、「Play Sportsで続きを観たい!」という、契約者(ケーブルテレビとライブストリーミングを展開)が417%と大幅に増加しました。

リアルタイムプレロール広告を見て、そのままPlay SportsのWebサイトへと遷移して契約したくなるよう、ユーザーインサイトをもとにした導線が巧みに設計されています。ライブストリーミングで“ネットでも観られるチャンネル”という、YouTube視聴者との相性の良さを活かした斬新なデジタル広告でした。