Case: TIME Magazine Cover Made With 958 Drones

世界約200ヶ国で発行され、2,300万人が愛読するニュース情報誌・TIMEの6月号の表紙が、ドローンによって描かれました。

カリフォルニア州のフォルソムという町の上空100メートルに飛び立った958機のドローン。お馴染みの『TIME』というロゴと赤い縁取りが夜空に浮かび上がります。

手掛けたのは、平昌冬季オリンピックの開会式で1,200以上ものドローンを使った光のパフォーマンスが話題となったインテル。

今回の撮影では、上空を吹く風やドローン同士の距離を通常よりも近く設定したことなど、いくつかの不安要素があったものの、技術者たちの綿密な計画と経験により、見事に成功。

以下の動画は撮影のビハインドシーンを収めたもの。TIMES誌95年の歴史の中で、初の試みとなった今回の取り組みに挑むスタッフたちの苦労や裏話、そして新しいことにチャレンジする意気込みが伝わってきますので、合わせてご覧ください。