Case: BabyFace Haptic Texture Tablet

男性用カミソリブランド・ジレットが、これから父親になる男性をターゲットにしたユニークなプロモーションをイスラエルで実施しました。

生まれたばかりの赤ん坊はほとんど目が見えませんが、両親の肌のぬくもりで安心感を得ます。しかしお父さんの硬いひげが赤ちゃんの柔らかい肌にとって刺激になってしまっては、せっかくのスキンシップもうまくいきません。

そこでジレットが利用したのが、ハプティクステクノロジー(触覚技術)。タッチスクリーンと指先の摩擦で発生する静電気によって様々な触覚を伝えることができるこの技術を使い、髭の生えている部分と、カミソリできれいに剃った部分を触り比べて、赤ちゃんにとってどちらがいいのか考えてもらう狙いです。

マタニティークラスやベビー用品の見本市など、新米パパ・ママが集まる場所で実際に触ってもらったところ、多くの人が『ヒゲを剃るべき』と納得した様子。この施策によってシェーバーの売り上げは9%の伸びを記録したといいます。

ヒゲを剃ったプレパパたちは、これから生まれてくる我が子に会うのがますます楽しみになったのではないでしょうか。