Case: The Dress for Respect

とある調査によるとブラジル女性の86%が、ナイトクラブでボディタッチなどのセクハラを受けたことがあるといいます。一方で、男性側はそのようなコミュニケーションを特に問題視していないという風潮がありました。

清涼飲料水ブランド・Schweppesは、セクハラの現状に目を向けてもらい、女性への敬意を払った接し方をすることで男女ともに“より良いナイトライフを楽しんでもらうこと”を啓蒙すべく、「The Dress for Respect」と称した一風変わったドレスを製作しました。

このドレスは、体へのタッチを検知するセンサーを何箇所も装備したもの。女性が着用してナイトクラブに行くと、「何回男性からタッチされたか」の回数をwi-fiを通したコントロールユニットにより、リアルタイムで記録することができるのです。

3人の女性に実際にこのドレスを着用してナイトクラブに繰り出してもらい、“タッチされた回数”を調査しました。

タッチされると「体のどの場所に触れられたか」がリアルタイムでコンピューターに記録されていきます。

その夜は、3時間47分の間に3人合計157回のボディタッチを受けたという結果に。調査に協力した女性たちは、「女性は動物ではない」、「触れずに、穏やかに接してみてほしい」と語りました。

テクノロジーの力でセクハラの実態を浮き彫りにした飲料水ブランドの一風変わったCSR施策でした。