Case: The Digital Pashkevil

大手家電メーカー・LGによる、イスラエルの超正統派ユダヤ教コミュニティにおける“利便性向上”に係るプロジェクトをご紹介します。

本企画が実施されたのは、超正統派ユダヤ教徒が住むブネイ・ブラクという地域。彼ら信者はテクノロジーを拒絶して過ごしており、テレビ、携帯電話、インターネット、いずれも日常的に使用する機会がありません。

そんな地域において、唯一の通信手段はPashkevilと呼ばれるポスターです。コミュニティ内のイベントから葬儀まであらゆる情報が掲示されています。

しかしこのポスターは、掲載されている情報が古くなったものはゴミになってしまう点、リアルタイムでの情報提供が難しいというのがウィークポイントです。

そこでLGは、薄型テレビ・LG OLED TV 4Kをこの地域に設置。“Digital Pashkevil”として、既存のポスターを置き換えました。

そして各所に設置したテレビに一斉に新着情報をアップデートできる仕組みも整備。

薄型テレビを“ポスターの代替品”として活用することで、コミュニティの利便性向上に貢献した取組みでした。