直近でリリースされたもの・話題になったもの等、日本国内のクリエイティブ・キャンペーン事例をAdGang目線で独自にピックアップしてご紹介する「Pick of the week」。

今回は、ヤフー、LINE、レオパレス21、ロート製薬、川商フーズの5つの事例をご紹介。

1:360°鑑賞できる“3D彫刻タワー”として表現した「インターネットの歴史」(ヤフー)

インターネットの歴史 History of The Internet

ヤフーは、4月1日(日)にサービス開始から22年を迎えたことを記念して、国内外1,474件のインターネットに関する出来事を“3D彫刻タワー”で閲覧できるコンテンツ「インターネットの歴史 History of The Internet」を4月2日(月)に公開。

本コンテンツにて3DCGで緻密に作りこまれた彫刻は、それぞれの出来事にまつわる人物や事柄をモチーフにしている。スマートフォンやタブレット端末、PCで上下にスクロール(ドラッグ)し、左右に360度回転させながら鑑賞でき、彫刻をタップ(クリック)すると各出来事の詳細を表示することが可能だ。また、「過去の出来事から学び、次の世代にもインターネットの歴史を刻んでいって欲しい」というコンセプトから、タワーの頂上はなく何も刻まれていない柱が延々と続くデザインになっている。

2:大学生活の鍵となる“情報戦”攻略を描いたWeb動画(LINE)

LINEは、LINE 上で交わされる人々の感情を伴ったコミュニケーションや新たな文化を描いた動画シリーズ『LINE みんなのものがたり』の最新Web動画『キャンパラダイス〜イマドキの大学4年間を4分でまとめてみた〜』を、4月2日(月)より公開。

本動画では、大学4年間のキャンパスライフは情報戦であり、戦略的にLINEやSNSを使い分ける者がキャンパスライフをパラダイスにできるという様子を描いている。なお、本動画のオリジナルソングに使われているのは、同社が大学生に実施したヒアリングで得たLINEやSNSの最新活用術と最新JD(女子大生)用語。また、主人公“ヒナ”を演じるのは、SNSを起点にバブリーダンスを社会現象にした登美丘高校ダンス部元キャプテン・伊原六花さん。高校卒業後初めて挑戦した演技と得意のダンスを披露している。

3:部屋の窓に男性のシルエットを投影して防犯するプロジェクト(レオパレス21)

Man On The Curtain from ManOnTheCurtain on Vimeo.

Man on the Curtain

レオパレス21は、ひとり暮らしの女性の多くが不安に思う女性を狙った住居侵入犯罪を軽減することを目的とした防犯施策「Man on the Curtain」を開発、新たなセキュリティ施策として発表。

本防犯施策は、スマートフォンとプロジェクターだけを用いて動く男性のシルエットを窓に投影するもの。動く男性のシルエットは、シャドーボクシングをしているものや、筋トレをしているもの、バットで素振りをしているものなど全部で12種類あり、どれも強そうな男性が生活している様子を写してくれる。

およそ140万人の女性がひとり暮らしをしている東京は、“ひとり暮らしの女性が世界一多い街”の一つ。本取り組みは防犯理論「攻める防犯」に則っており、犯罪者に大きなプレッシャーをかけることで犯行を抑止することに効果的であると言われている。

4:ウェアラブル目薬など、スマート過ぎる近未来の日常を表現(ロート製薬)

ロート製薬は、近未来に存在するであろうスマート過ぎるガジェットでの日常を表現したコンセプトムービー「Next Smart Life〜スマート過ぎる1日〜」を4月1日(日)より公式Youtubeチャンネルにて公開。

本ムービーでは、目薬開発を追求したロートが開発した「スマートアイケアゴーグル」を始めとした、あったらいいなと思う美と健康に良いアイテムが続々と登場。目薬だけではなく、スキンケア・食・農業といった多岐にわたる事業や、独自の働き方改革など、ロートの企業姿勢および取組みを表現するためのエイプリルフール動画企画となっている。体内時計を優先させて“起きたい時間に起こさない”目覚ましに、健康のためにあえて回り道や階段利用を促すランニングシューズなど、変化球的に健康を気遣ってくれているスマート機能が見どころだ。

5:「ノザキのコンビーフ」ならぬ「ノザキのワンピース」(川商フーズ)

「ノザキのコンビーフ」を販売する川商フーズは、4月1日(日)に、アパレル部門の新ライン「Nozaki’s wear.」の誕生とオリジナルワンピースを同社公式ホームページやSNSなどにて発表。「ノザキのワンピース」は、コンビーフの缶詰を彷彿とさせるような白とノザキグリーンのバイカラ―がアクセントのTシャツ型ワンピース。トレードマークの牛を大きくあしらうことで、シンプルながらも洗練された印象を与えるデザインとなっている。なお、本企画はエイプリルフール企画であり、実際に販売予定はない。

AdGangでは国内事例の情報提供募集中です。
情報提供はこちらのフォームよりお寄せください。

※ご提供頂いた情報は掲載を保証するものではありません。ご了承ください。