Case: X5 Experiment

ボブスレーの強豪国であるラトビア。世間の注目が平昌オリンピックに集まっている間に、BMWはまた異なる形で競技の興奮感をプロデュ―スしました。

一面に雪が広がる平原にBMW X5に乗って現れたのは、自動車レース・F3レーサーのHarald Schlegelmilch氏。

彼の運転する車に、一般客4名が乗り込みます(1人ずつ、別々に乗車)。そして車内でVRヘッドセットを装着。すると画面の中の舞台はボブスレーのレース場になっています。

雪上でBMW X5はアクロバティックな運転を見せます。それをヘッドセットをつけた状態で体験すると、視覚だけではなく全身で、ボブスレーのレースのような迫力とスリルが体感できるというわけです。

これには参加者もエキサイト。「クレイジーでワイルド!」「すべてが本当にワイルドに感じられるわ」と感想を述べています。

公式HPで「ダイナミック・ダイビング・コントロール」という装備により「いかなる走行状況でも最適なロード・ホールディングを確保」すると紹介されている当車種。スリリングなドライブすらも安全に走行できる性能の訴求と“オリンピック競技であるボブスレー”の時事性を組み合わせた施策でした。