Case: The Reversible Shirt

ベルギーのオンラインスポーツギャンブルサービス・betFIRSTが、国内スポーツ業界で大きく取り沙汰されている旬な話題に絡めて、ユニークなDM施策を行いました。

BETFIRST FR (H264) from Maxim Deliège on Vimeo.

同社が今回の企画にあたって着目したのは、直近現地で大きく報道された『起業家 マルク クーケ氏によるサッカークラブ・RSCアンデルレヒトの買収劇』。注目された背景として、もともと同氏が“他のクラブチームKVオーステンデのオーナーだったこと”が挙げられます。(重複してクラブのオーナーになることできませんので同クラブは手放しました)

クラブチームの買収時にクーケ氏は「もちろんKVオーステンデのファンでもあり続ける」、「両クラブが高いレベルで良い未来になるように」という声明をTwitterで投稿。同時に、RSCアンデルレヒトが許可するなら“KVオーステンデの試合も可能な限り観に行けたら…”という意向を示しました。

そこに目をつけたのがbetFIRST。
同社は前述2つのサッカークラブのユニフォームが表裏にデザインされた“リバーシブルユニフォーム”を制作し、クーケ氏に送付したのです。

氏が“どちらのクラブチームも応援する”と表明した点を、“いつでも簡単に体現できるように”と特注リバーシブルユニフォームを贈ったのです。両クラブの試合観戦が同日に重なった時も、このユニフォームを着ればはしごする事もできるという優れものです。

旬な話題・旬な人に、ユニークな角度から便乗して注目を集めると同時に、“サッカー界・スポーツ界のリアルタイムな動きに連動している”というサービスの理解促進を図った取組みでした。