Case: The Cadbury Live Egg Hunt

食品メーカー・Cadburyが、オーストラリアでFacebookライブを活用してユニークなイースタープロモーションを実施しました。

同社がFacebookに投稿する“360°ライブ動画”の生配信中に、その映像の中からイースター・エッグをユーザーに見つけてもらうという企画です。

こちらが実際の投稿です。1時間の配信中に120個の卵が順次現れます。卵を「見つけた!」というユーザーはコメント欄に「XXのドアの前」「XXの右側」などと書き込み、正解であれば同社アカウントからそのユーザーにメンションされ、イースター仕様のチョコレートが当たるという仕様になっています。



VR映像は仮想の村を舞台にしたアニメーション。生き物が動く中で卵探しを楽しむことができます。

実際に動画を再生してみると、“360°を常にチェックしながら卵を見つける”というのはなかなか至難の技。全方位を確認する必要があるため、ユーザーはつい卵探しに没頭してしまいそうです。

本試みの結果、累計22万人以上のユーザーがライブ配信を視聴し、70,000を超えるコメントを集めました。

ライブ動画配信の魅力であるリアルタイムの参加性に、360°VR動画を活用することによってゲーム性を付加したデジタルプロモーションでした。