Case: McRusia

開幕まで約2ヶ月半となったサッカー ロシアワールドカップ。このロシア大会でW杯初出場を決めたパナマは、その快挙を祝して祝日が制定されるほどのお祝いムードになっています。

パナマからロシアへの航空券のWeb検索数は、従来と比較して1,375%と急増、ホテル検索数も400%になっています。この熱狂の結果、現地に行けるサポーターの数は希望者のうち、わずか10%と見込まれているといいます。

そこに目を付けたマクドナルドは、パナマの店舗で現地へ観戦地に行けない市民をターゲットにして、“まるでロシアに行ったかのように思える”サプライズプロモーションを仕掛けました。

具体的には、ある日、一夜にして店舗のマクドナルドの綴りをロシア語に変えたり…

店舗ではロシア美人の出迎えがあったり…(彼女たちは“全員が行けないから、ロシアをパナマに持ってきました”などと説明しています)

さらに店内のメニューの言語も書き換え、オーダーもロシア人の店員が受けつけます。

この“ロシア風”になった店内で、グループリーグの組み合わせ抽選会のパブリックビューイングを行い、大盛り上がり。

また、店内の室温も下げて現地の気温すらも再現したこともあり、取材に訪れたテレビのリポーターは「ここに来るとロシアの雰囲気を味わえるよ」とコメントし、大きな話題になったといいます。

本取り組みの結果、SNSを通して50万リーチを達成し、15日間という短期間で売り上げは4%増加しました。

マクドナルドはワールドカップのオフィシャルスポンサー。パナマ国内でワールドカップとの結びつきを強くアピールする愉快な取り組みでした。