Case: PBI Blue

極寒の地でも耐えうる保温性と、スタイリッシュなデザインのダウンジャケットが人気のファッションブランド・Canada Goose(カナダグース)。

ブランド名が示す通り“made in カナダ”にこだわる同社は、2007年から『ポーラーベアーズ・インターナショナル(PBI)』と協力し、カナダに生息するホッキョクグマとその住みかを守る活動をしています。

今回Canada Gooseは、毎年2月28日に制定されている『国際ホッキョクグマの日』に合わせ、世界中で使用されている色見本帳を制作する会社・PANTONEとタッグを組み、限定カラーのダウンジャケットを発売しました。

『PBI Blue』と名付けられたのは、海や空といった大自然を連想させる綺麗なロイヤルブルー。

Canada Gooseはこのカラーを使ったパーカーやジャケットを1枚の売り上げるごとに50ドルをPBIに寄付し、消費者にもホッキョクグマが直面する環境問題を改善するための行動を呼びかけています。

これまでの10年間で、総額200万ドル以上を寄付したというカナダグース。調査によると、カナダには世界のホッキョクグマの3分の2が生息しているそうで、同社はその生態環境を守るため、今後も手厚い支援を続けていくということです。