Case: #makeyourmark

イギリスのファッションブランド・Missguidedが、「Make Your Mark」キャンペーンの一環として公開した、一風変わったマネキンをご紹介。Make Your Markキャンペーンは「モデルの不完全さを、決してレタッチして取り除かない」と誓うものです。

(Image by Missguided)

今回制作したマネキンは、皮膚に尋常性白斑や皮膚線条があるもの。顧客が実際の店舗で目にするマネキンという象徴的な存在に、ブランドが掲げるメッセージをダイレクトに反映しました。

(Image by Missguided)

(Image by Missguided)

(Image by Missguided)

(Image by Missguided)

Missguidedは、「世界中の女の子にインスピレーションを与えて、自分自身を愛してもらう」ことをミッションと定義。そのために、「世界が“完璧”と認識していること、すなわち“完璧なプロモーション”に向けて努力などする必要はない—その“完璧”というものなど存在はしない」と発信しています。

多様な価値観やダイバーシティへの関心の高まりによって、従来ファッション業界で当たり前とされてきた“完璧”さに異議を唱えるブランドは今後も増加すると思われます。

(via Make Your Mark)