Case: Whatever, Weather!

オランダのアパレルブランド・Scotch & Sodaが、秋冬シーズンのプロモーションの一環で、“その場所のリアルタイムの天気”に最適なファッションコーディネートが表示する屋外デジタル広告(DOOH)をアムステルダムで実施しました。

Scotch & Soda Whatever Weather Billboard from Bas Manders on Vimeo.

例えば少し曇りに変わりつつある天気になれば、比較的薄手のコートに、マフラーが風になびくような演出になります。

雨になれば厚めのコートを表示。フードは被ったり外したりという動きを繰り返し、フード付きであることが強調されています。


Scotch & Soda, Whatever Weather! from Bas Manders on Vimeo.

他にも様々な天候に応じたクリエイティブのバリエーションがあります。空模様や気温に応じて、その瞬間に最適な“コートの種類やコーディネート”をリアルタイムで表示するのです。

また、アウトドア広告の他にもSNS広告、ニュースレター、店内クリエイティブなどで同様のコンセプトの広告が展開されたといいます。

その場の天気に応じたコーディネートをリアルタイムに提案することで、道行く人の興味と購買意欲を喚起するユニークなデジタルサイネージでした。