Case: KEEP THE WORLD FLAWED

毎シーズン、世の中の風潮に一石を投じる広告キャンペーンを展開している、カジュアルファッションブランドのDIESEL。

先日「DIESELの偽ブランド『DEISEL』がNYに登場!?」の記事でもお伝えしましたが、2018年春夏シーズンでは『GO WITH THE FLAW(完璧なんて、ない。)』というテーマのもと、SNSに投稿される、完璧な写真のような価値観は画一的でつまらない。むしろその不完全さを、ポジティブな魅力に変えていこう、と呼びかけています。

そしてこちらが、今回同社が公開したショートフィルム。自分の外見上の欠点に悩む若い男女が出会い、恋に落ちるというストーリーです。

耳が人に比べて随分大きいことに悩んでいる男性。街を歩けば、人々がみな自分のことを噂しているように感じてしまいます。

ある日一大決心をした彼は、整形手術を受け、念願だった“完璧な耳”を手に入れました。

そして出会った運命の女性。一目で恋に落ちた二人はやがて結婚し、赤ちゃんが生まれます。

ところが生まれてきた赤ちゃんを見て、びっくり。ベビーにはとびきり大きな耳に加え、とびきり大きな鼻までついていたのです。

実は男性と出会う前、彼女も鼻の整形手術を受けていたのでした。

時は変わって数年後、家族3人で仲良く散歩をしています。

もちろん子供の耳と鼻は大きなまま。でもそんなことは親子の幸せそうな表情を見れば、何の関係もないことが分かります。むしろ自分たち夫婦の“特徴”をしっかりと受け継いで生まれてきた我が子を、何よりも愛おしく思っているに違いありません。

ちょっとくらいコンプレックスがあったって、それも個性。魅力のひとつと捉えて、堂々と生きようという強いメッセージ性を込めたプロモーション動画。実はこの映像中には、3つのサイト(『@wantedsocks』、『www.bluffet.com』、『www.layover.it』)が隠しメッセージとして写っています。

ジョークで入れた隠し機能のことをイースター・エッグと呼ぶそうですが、『不完全なままでいること』を推奨するイースター・エッグの詳しい内容は、ディーゼルのHPよりご確認ください。