Case: The FilmStruck Proposal

インディーズ、クラシック、カルトなど独自路線のラインナップが特徴的なアメリカの映画ストリーミングサービス・FilmStruckによる斬新なプロモーションをご紹介。

今回の企画のコンセプトは、熱心なFilmStruckユーザーからの“プロポーズ”をFilmStruckが受け入れ、そのユーザーとの“結婚式”を執り行うという…なんとも破天荒な試みです。

本取り組みのきっかけとなったのは、同ユーザーの以下のツイート。

「まだ独身だったなら、FilmStruckに結婚を申し込んだのに。FilmStruckには私が結婚に求めてきたすべてが詰まっているから」

ツイートを見つけたFilmStruckが、このユーザーとの“結婚式”をセッティングしたのです。

舞台は投稿主が住むアメリカ・ウィスコンシン州。
彼の職場である新聞社に、夜7時、何も知らない“新郎”である投稿主が到着します。すると彼の目の前に、ツイートした内容をプリントした巨大ボードを掲げて、FilmStruckのスタッフが突如現れます。

“新郎”がスタッフに職場の一室に有無を言わさず連れて行かれると、そこには彼の本当の妻と子供が待ち構えていました。

妻が持っているPCの画面には“プロポーズ相手”のFilmStruckのロゴがあり、ウィスコンシンの大学で映画を教える教授が媒酌人となって、投稿主とFilmStruckの“結婚式”がおもむろに始まったのです。

FilmStruckへの永遠の愛を誓い、ウェディングケーキ(こちらは地元のケーキ屋が協力)に入刀。このケーキを家族と食べて楽しみつつ、なんと投稿主には“FilmStruckの生涯視聴権”が与えられました。これには思わず「クールだね」と投稿主も大喜び。

式、ケーキ、視聴権と手厚くもてなされた投稿主。これからも家族と一緒にFilmStruckを楽しんでいく様子が目に浮かんできます。

FilmStruckにとって自社サービスのファンを徹底的に大切にする姿勢を、押しつけがましくなく、ユニークなコンセプトでコミュニケートした取組みでした。ソーシャルリスニングを起点にして“ここまで行ってしまう”実行力に、同社の遊び心が洗われていますね。