直近でリリースされたもの・話題になったもの等、日本国内のクリエイティブ・キャンペーン事例をAdGang目線で独自にピックアップしてご紹介する「Pick of the week」。

今回は、京都市、グンゼ、渋谷ロフト/山崎製パン、西日本鉄道、JA全農たまごの5つの事例をご紹介。

1:京都市の魅力を“KIZOKU”たちがダンスで表現 (京都市)

平成KIZOKU

京都市は、1月19日(金)より、京都の魅力をエキセントリックなダンスと音楽で紹介するという全く新しい取り組みとなる市政PR動画「平成KIZOKU2」の第二弾動画4本を公開。一昨年度に誕生した「平成KIZOKU」は昨年度にはメンバーも増え、実力派ダンサー4人体制で、京都の魅力をダンスで表現。本動画内では、日本初の小学校は京都市民が作ったことや、平成30年4月1日から自転車保険が義務化される告知などをコミカルに紹介している。

2:ストッキングのイメージキャラクターに異業種女性集結(グンゼ)

SABRINA

グンゼは、レッグウエアブランド「SABRINA(サブリナ)」をリニューアルし、2月より全国で発売。それに先駆けて、イメージキャラクターに畠山愛理さん(元新体操選手)、中村有里さん(サックスプレイヤー)、武田梨奈さん(女優・空手家)を新たに起用した、3名が出演するコンセプトムービー2本を、1月31日(水)より公式Webサイトにて公開。本ムービーでは、「“新生”SABRINA」を着用し、普段のアクティブな姿から「大人なレディ」に変身した彼女たちが華麗なパフォーマンスを披露している。

本商品「SABRINA」は、1995年春の発売開始以来、やさしい肌ざわりや伝線しにくさ、脚を美しく見せる効果などが評価されているが、今回のリニューアルでは、自然な素肌感がさらに向上。また、同社オリジナル特許技術採用の「丈夫さ」と「美しさ」を追求した『Tough(タフ)』なども新登場している。

3:ARも活用「ランチパック」期間限定イベント(渋谷ロフト/山崎製パン)

ロフトでは、2月1日(木)~20日(火)の20日間、渋谷ロフトにて山崎製パンの「ランチパック」とタイアップした「ランチパックわくわくミュージアム2018」を開催。2017年の好評を受け、第2回目の開催となる。

会場限定企画「ランチパックAR(拡張現実)アプリ」を使用した、ランチパック人気投票では、専用アプリを使用し、選抜された10種のランチパックから好きなものを投票して人気No.1を決定。応援メッセージをアプリ上で送ることができ、参加者には、ランチパック製造工程で出るパンの耳で作ったラスク「ちょいパクラスク」をプレゼントする。また「ランチパック」新シリーズと、渋谷にちなんで開発した“渋谷ご当地ソース「ハチ公ソース」”を使用した新作ランチパックの試食を実施するなど、体験型のイベントを楽しめる。

4:“降車ボタン”を擬人化!バスの中で起こる日常を描いた動画(西日本鉄道)

とまりますボタンさん

西日本鉄道は、1月31日(水)より、Webムービー「とまりますボタンさん」を公開。本動画では、西鉄バスの降車ボタンを擬人化し、「とまりますボタンさん」と命名。西鉄バスの利用者が日常的に何気なく押している降車ボタンの目線で、一日のバスの中で起こるさまざまな人々の様子を描いた内容となっている。

本物の降車ボタンそっくりに作られたリアルな「とまりますボタンさん」の一生懸命な姿と、あるあると思わず共感してしまうバスでのホッコリする光景が楽しめる。また、動画内で流れるくせになるオリジナルソング「とまりますボタンさんのうた」にも注目。本動画公開前には、「とまりますボタンさん」のオフショット動画を公式Facebookにて事前に公開していた。

5:オムライスで“つながる”親子の会話“を描いた動画(JA全農たまご)

JA全農たまごは、国産鶏卵(白玉10個入りパック)「ふつうのたまご」の動画「うちのいつものオムライス」を公開。本動画では、娘の成長を見守るお父さんの想いを、オムライスを通して描いている。オムライスでつながる親子の会話を聞いていくことで、いつもそこにある幸せに、気づかされる内容になっており、それと同時に、同社の「ふつうのたまご」は“いつもの安心”を提供するという姿勢を表現している。

AdGangでは国内事例の情報提供募集中です。
情報提供はこちらのフォームよりお寄せください。

※ご提供頂いた情報は掲載を保証するものではありません。ご了承ください。