Case: Punching Bag

スポーツ観戦に欠かせないビール。贔屓のチームが勝った時の一杯は格別ですが、負けてしまった時は“苦い一杯”になってしまいます。

そんなスポーツ観戦における“ビールの苦さ”に着目して、カナダのビールブランド・Farnhamは斬新なプロモーションを行いました。

大勢のスポーツファンが集うスポーツバーに、特殊なサンドバッグ(同ブランドのビール缶をデザイン)を設置。

贔屓のチームが負けてむしゃくしゃしているファンには、このサンドバッグに思う存分パンチをしてもらい、ストレスの解消をしてもらおうというコンセプト。

さらにそのパンチの力に応じて、IBU(ビールの苦味を測る単位)の数値が示されるとともに、苦みの数値が記されたFarnhamの缶ビールがサンドバッグの隣にあるマシーンから出てくるという仕掛けが施されています。

スポーツ観戦時の“あるある”・“ターゲットインサイト”をとらえて、思いもよらない角度から“彼らに寄り添った”ビール会社のブランディング施策でした。