CASE:”Animoji on iPhone X”

Appleがアニ文字を使って、昨日発表された2018年グラミー賞とコラボレーションしたCMを公開しました。今回フューチャリングしたのはiPhone Xの「犬とMigos」、そして「エイリアンとChildish Gambino」の2組です。なんとも面白い組み合わせですね、早速CMを見てみましょう。

まずは、Animoji on iPhone X (feat. Migos)
Migosは、最優秀ラップパフォーマンス賞/最優秀ラップアルバム賞のダブル受賞を成し遂げたアーティストです。

まずは犬が歌い始めます。

チラチラとウンチがコーラスで参加し始め、独特なワールドを形成します。

そして狐まで登場。

最後は犬とウンチ、狐の三人で幕を閉じます。

続いては、Animoji on iPhone X (feat. Childish Gambino)です。
Childish Gambinoは、今回のグラミー賞で最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンスを受賞しています。

エイリアンが歌い始めます。

そしてユニコーンがコーラスで登場!

他のキャラクターも登場し、不思議な世界観へ。

再びエイリアンの単独ショーに戻り、CMは終わります。

いかがでしたか?

アニ文字は被写体の深度を正確に認識することができる「True Depthカメラ」を用いられた機能。iPhone Xが販売になってからすぐにこのアニ文字は人気を集め、すでにこの機能をネタに様々なバズムービーが生まれてきました。その中でも「もうちょっと見ていたい」と思うような中毒性がありませんでしたか?

単なるこの新しい機能のCMで終わらせることなく、グラミー賞の各受賞アーティストとコラボレーションし、かつ、きっちり授賞式のタイミングで公開するというPR要素も盛り込んできたApple。公開2日にして両ムービーともに50万回ほど再生されているのを見ても、さすがというべきでしょう。可愛らしいアニ文字とクールな音楽がたまらないAppleの新CMでした。続編が出ないか楽しみですね。