Case: 4.9-second parking

最初の5秒がスキップできないタイプのYouTubeプレロール広告。お目当ての動画を待つユーザーにとってはその間が長く感じたりもするものです。

そこに着目したトヨタは、ヤリスの“小回りが利くイメージ”を訴求するのに、わずか5秒の間でやってのけるYouTubeプレロール広告をカナダで公開しました。

Toyota – Yaris – 4.9-second parking from Bleublancrouge on Vimeo.

内容は、駐車されている車と簡易トイレの間に、わずか4.9秒でヤリスを縦列駐車するというもの。

ラストはドライバーが「Skip Ad」のボタンにタッチするというギミックも。

もちろん5秒の間に終わるので100%のユーザーが最後まで視聴。冒頭に紹介したケーススタディ動画によると、バジェットを59%まで抑えた一方、インプレッションは59%増になったといいます。