Case: Hope for migrant workers

労働環境に関する様々な問題についての啓蒙活動を行うカナダの非営利団体・Fairness Worksが、移民労働者の背景・環境についての認識を広く知ってもらうべく公開した啓発ムービーをご紹介。

舞台はとある食卓での和気藹々とした様子。この食卓でサラダに使われているトマトにフォーカスします。

ここで動画は逆再生となり、このトマトが料理される様子、流通する様子を経て、場面は農園へ変わります。

農園のシーンでは作業着を着る女性にフォーカスされ、さらに動画は逆再生していきます。

仕事場である農園に向かう様子、涙ながらにタクシーに乗り込む様子に移り変わります。

映像のラストには、その女性が家族から見送られるシーンが描かれます。彼女は出稼ぎで家族の元を離れざるを得なくなったという背景があったのです。

新鮮な生鮮食品が市民の食卓に並ぶまでには、このような移民労働者の存在があることを“逆再生”という手法を通じて、直感的に訴えかけた啓発Webムービーでした。