Case: The Bitcoin Bucket

近年にわかに活気づいている、仮想通貨市場。中でも代表格であるビットコインの高騰ぶりは、ニュースでも取り上げられるなど話題となりました。

ビットコインは仮想とはいえ、れっきとした通貨。Amazonなどのギフト券や商品との交換はもちろん、実店舗でも取り扱いも増えてますます便利になってきています。しかしその反面、価格の乱高下や取引所の破たんといった、不安材料があるのも事実。

そんな仮想通貨に目を付けたのが、カナダのKFC。同社のオンラインストアで、ビットコインを使って支払いをできるサービス『THE BITCOIN BUCKETを実施することを、SNSで発表しました。

サイトではバケツ型ボックスに入ったチキンをはじめ、Tシャツやニット帽、ソファなどのオリジナルアイテムを購入することが可能(現在はチキン以外全て売り切れとなっています)。

チキンの値段は20ドル相当で、ビットコインのリアルタイムのレートが反映されています。購入する場合、1月12日から19日のあいだで好きな日にちと時間を選び、配達してもらえる仕組みです。

常に変動しているビットコインで、1939年のレシピ完成以来、変わることなく受け継がれてきたKFCのチキンを購入する、という点でも注目の本取り組み。今回は期間限定で行われており、オンラインのみの実施となっていますが、今後仮想通貨を使った同様の取り組みが増えていくかもしれませんね。