Case: The Power of Optimism

カナダのアパレルブランド・Life is Goodは、ブランドメッセージとして「Spreading the Power of Optimism(楽観主義の力を広げる)」を掲げていますが、今回、“ポジティブであることの力”を具体的に証明すべく、ユニークな実験を行いました。

実験に用意されたのは蛇口とその下にコップが置かれた装置。被験者には脳波を検知するヘッドセットを頭につけてもらい、様々な画像を見ながら、自分自身にとってのポジティブなイメージを思い浮かべてもらいます。

開発者のコメントによると、ポジティブな思考を抱いた時、脳波が特徴的なパターンを示すといいます。参加者の脳波からこのパターンを検知すると、蛇口から水がコップに注がれるという仕組みがなされているのです。

コップに水を注ぐことができた人は「犬の散歩」「夏」「カップケーキ」など、各々の好きなモノやコトを思い浮かべたようです。

テクノロジーの力でブランドの哲学をわかりやすく表現した取組でした。