Case: Gratitude Warms You Up

コカ・コーラが、カザフスタンで暖をとれるバス停をプロデュースしました。

市民の“足”として便利なバスですが、寒い季節にはバスを待っている間にどうしても寒さに耐えなければいけません。そこに着目したコカ・コーラは、バス停にヒーターを敷設。

バス停の両サイドにある「Thank You」ボタンが2箇所同時に押されると、ヒーターのスイッチが入って温かくなる仕組みです。

単純にヒーターが作動して暖をとれるだけでなく、2つのボタンを同時に押すという仕掛けにより見知らぬ人とのコミュニケーション(「ありがとう」のやりとり)も生まれるという、ハートウォーミングな屋外施策でした。