Case: Ultimate Get Well Card

ホンダがアメリカで、病院でクリスマスを過ごす子供たちにユニークなプレゼントを贈りました。

舞台はカリフォルニア州オレンジカウンティの小児科病院にいる子供たち。プレゼントはARのクリスマスカードで、特別にデザインされたホルダーにセットされたiPadを通して楽しむ仕様です。

雪や羽が舞ったり、家が登場したり…とARならではの表現が多彩。

このARクリスマスカードはそれだけでは終わりません。子供たちを励ますテキストやビデオでのメッセージが流れるようになっています。

これらの内容はホンダのSNSアカウントを通して募集されたものだといいます。

本施策をおさめた映像をFacebookページに公開(現在は公開終了)。映像への「Like」や「Love」の数に応じて、当病院と小児脳腫瘍財団に寄付をする予定となっています。

当病院や財団へのチャリティは26年以上続いていますが、“ARコンテンツ”や“SNSを通した支援募集”といった現代のテクノロジーを活かした、ホリデーチャリティ企画でした。