Case: Just Eat Ordering Wand

イギリスのデリバリーサービス・Just Eatが、「これを振るとオーダーできる」という画期的な“杖”を開発しました。

この杖を振るとチャープ波の音波を使用して、暗号化されたサウンド信号がモバイルアプリに送信されて“注文が完了する”という仕組み。杖の先端が光ることで「オーダーが完了」であることを通知してくれます。

ちなみに、過剰な注文を避けるために1時間以内に1オーダーに限定されるとのこと。Amazon Dash Buttonを彷彿とさせるアイテムで、現在はプロトタイプとして実用化に向けて開発中。グループでの注文や割り勘といった機能、割引などのプロモーションにも対応予定とのことです。

ちなみにこのテクノロジーはオックスフォード大学のフードサイエンティスト Charles Spence氏が参画。同氏曰く「魔法使いやハリーポッターの人気により杖は特別なものになっている」ということで、このようなポジティブなイメージのある“杖を振る”という行為が、さらに食事を楽しみに、食事をおいしく感じさせるという点も期待できると分析しています。