CASE:#MerryChristmasSully

2017年も様々なキャンペーンで世界中を賑わせてきたBurger King。さすがというべきかクリスマスにも話題をきちんと作ってくれました。今回のPR施策は、Facebookで一番のBurger Kingファンに“店舗ごとラッピングして最高のBurger King体験をプレンゼントする”というもの。

見事、選ばれたのは年に637回(!)もBuger Kingについてコメントを残したフランスのSullyvan K。

どんなプレゼントだったのか、早速映像を見てみましょう!

まずは何も知らないSullyvanが店舗に到着。ドアには”Home of Sullyvan.K”と書かれています。

中に入って注文すると、彼専用のトレイや…

彼専用のテーブルが用意されており、

よくよく見てみるとバーガーBOXも彼の名前入り!

まだまだあります。彼の名前入りナプキン入れや、

彼専用のパーキング。

そして、年間のBurger Kingフリーパスポート!

映像は「メリークリスマス、Sully」と締めくくられます。

Burger Kingを1店舗丸ごとプレゼントするという今回のアプローチ。年に637回(つまりは1日2回以上コメントする日もある)もBurger Kingについてコメントした熱烈な信奉者がいたことと、これだけ大胆に色々やってしまうというBurger Kingの思い切りの良さの両方があって初めて成り立つPRプロモーションだなと感じます。

特別なクリスマスプレゼントを贈られたのはSullyvan. Kだけですが、Burger Kingも、これを視聴する消費者も誰もが幸せを感じてしまうような、とても微笑ましい映像コンテンツになっていると感じさせてくれます。それにしても2017年はBurger KingのPRの上手さがまた際立ちましたね。2018年も楽しみです。