Case: The Wind Tunnel

2015年よりNFLの公式スポンサーを務める韓国の自動車メーカー・ヒュンダイが、高性能モデルであるi30NをPRする、ユニークなチャレンジ企画を実施しました。

イギリスにある同社の施設で行われたのは、走行時の空気抵抗を確認する装置を使いながらキャッチボールをする、という挑戦。

参加したのは、2008年までニューヨーク・ジャイアンツのコーナーバックとして活躍したジェイソン・ベルさんと、同じく元選手であり、現在はスポーツコメンテーターのオシ・ユームニオラさん。

実際の走行をシミュレーションする部屋で巨大な扇風機を使って風を発生させると、数歩離れただけで、すでにお互いの声も聞こえません。

あまりの強風に、はじめはボールをキャッチすることもままならない様子でしたが、さすがはプロ!最後は見事に決めてくれました。


『より速く、よりパワフルに』を車とフットボールの共通事項として挙げているヒュンダイ。同社のHPにはキャッチボールの他にも、雨でぬれた路面を小刻みにターンしながら走ったり、氷点下30度という過酷な環境で耐える挑戦などの動画もありますので、こちらも合わせてご覧ください。