Case: TOKYO PEN PIXEL

無印良品(MUJI)が、“東京からパリに宛てた”ユニークなクリスマスプレゼント「TOKYO PEN PIXEL」をプロデュ―スしました。

無印良品のホームページには「東京タワーをモチーフにした、全く新しい壁画インスタレーション。パリのエッフェル塔に強く影響された東京タワーを、37,968本の無印良品のペンで制作しました。東京で1本1本心を込めて作り上げたこの絵を、パリ市民に丸ごとプレゼントします。」と記載されています。

無印良品のペンを枠にはめていき絵画が完成。ライトアップすると見事に東京タワーが浮かび上がります。

こちらのインスタレーションは無印良品のパリ店舗で12月2日から12月17日まで展示されます。その後12月18日から12月24日がプレゼント実施期間となっており、展示期間中にInstagramにてハッシュタグ「#TokyoPenPixel」とメンション「@muji.fr」を明記し、展示写真を投稿するとペンの掴み取りにチャレンジできるという仕組みです。

ただ展示をして東京やMUJIのイメージを訴求するだけではなく、展示で使用したペンを掴み取りの形でプレゼントすることで、商品も実際に使ってもらおうという施策なのです。

(via TOKYO PEN PIXEL)