Case: Lima Talks

世界保健機関(WHO)によると、ペルーの首都・リマは中南米で2番目に環境汚染された都市だといいます。この状況を改善していくために同国のガス会社・CALIDDAは、“天然ガスの利用”を促進するべくユニークなOOHキャンペーンを実施しました。

街中に登場したのは、真っ白なスクリーン。

しかし、このスクリーンは汚染物質やCO2粒子を吸収するようになっていて、その吸収具合により“リマの街からのメッセージ”が、少しずつリアルタイムで浮かび上がってくるのです。

吸収した排気量が多くなり文字がくっきりと浮かび上がってくると、そこには「私は息をするのも苦しい」というメッセージが現れます。

本取り組みはソーシャルメディアを通した話題化はもちろん、大気汚染を吸収した粒子をパッケージングしてメディアキットとして配布。また、一般向けの大気汚染について考えるディベートも実施されるなど、多角的に自都市の大気汚染と天然ガスの利用について考える機会を創出しました。